4/2に日本外国特派員協会で元ライブドア社長のホリエモンが会見したそうな。
その会見内容を読んでノーカット音声も聞いてみた。
うーん難しい・・・
経営や経済に対する知識がないとよくわからん。
法律的な事が分からないから何とも言えんけど、その人その人の立場でどうとでもとれる事件かいな?と思われても仕方ないような・・・。
ほんとうに有罪なんだろうか・・・。
最終的にはホリエモンが悪いで片付けられちゃうのかな・・・。
やった事がグレーだとは分かってるみたいだけど他と比べたら当然納得いかんだろうな。
会見でも言ってるがライブドア事件以降に有価証券報告書の虚偽記載をやってしまった代表的な2社ほどは課徴金だけですんじゃったのはなんなんだ?思われても仕方ないような・・・。
ベンチャー企業でホリエモンの様な経営者だったらやはり有罪になってたんじゃない?って思うし。
色々と考えさせられそうだから、とりあえず「徹底抗戦」は読んでみようかな。
ホリエモンに印税が入るのはしゃくだがマスコミからの情報だけじゃなくホリエモンの言分も聞かなきゃあまりに一方的で嫌な感じだし。



会見内容は下記
「一方的な報道による誤解を解きたい」――堀江貴文氏の逮捕後初の会見を(ほぼ)完全収録
堀江貴文 元ライブドア社長 会見 映像・音声/動画ニュース―TVJAN

カテゴリー : diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*