Mac Pro (Early 2009) の Snow Leopard を 常時 64bit カーネル起動に変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

snowleopard64bitkernelVMware Fusion の Snow Leopard 対応版をインストールしたことで、私の使用しているソフトたちは 64bit カーネルにしても問題ない状態になったと思われるので、64bit カーネル起動してみました。
インストールしているソフトは「Snow Leopard にインストールしたアプリたち」を参照してください。
起動の変更は、下記のソフトを使わせてもらいました。
32- or 64-bit Kernel Startup Mode Selector
起動してみたところ、NTFS-3G でエラーが発生。
これは、Boot Camp で Windows 7 をインストールして、そのパーティションを NTFS-3G を使ってアクセス出来るようにしてあったのですが、64bit カーネルモードでは NTFS-3G が対応してない為に発生してるようです。
OS X からは NTFS パーティションにアクセス出来なくなってしまいますが、VMware Fusion で Boot Camp を起動すればアクセス出来るので問題なし。
全てのソフトの実行確認はしてませんが、ほかに問題点はないようだったので、常時 64bit カーネル起動としました。
Leopard から Snow Leopard へのアップグレード時は体感できるぐらいの違いはあったのですが、64bit カーネル起動への変更では違いはあまり感じないですね。
なんとなく反応が良くなったと思うような、同じなようなって感じ。。。
Macbook MB062J/B も 64bit 起動にしようとしたら出来ませんでした。
古いからダメか。。。

関連記事:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
d2977050ac651bab3c854f972cdbe58adelicious
カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.