OWC の MacBook Air 11インチ用 SSD のファームウェアをアップデートした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBAir SSD240GB換装したMacBook Air 11インチの SSD 「OWC Mercury Aura Pro SSD 240GB for MacBook Air Late 2010」は高かったけどやはり買ってよかったですよ。がしかし、買ったタイミングが悪く最新のファームウェアではなく、アップデートが面倒なので放っといたのですが、やっとこアップデートしました。
現時点ではMac版のアップデータは提供されていなかったので、Windows版を使います。Windows版を使うにはBootCampでWindowsを起動しなければならないので、この際だからBootCampでWindows 7をインストールもしちゃいます。

MacBook Air で BootCamp を使って Windows をインストールするには、ブート可能なDVDドライブが必要になるんですよね。Apple純正が欲しいとは思うのだけど、あんまし使わないのにこの値段はもったいない気がしたので、出来るだけ安いドライブを入手しました。

LDV-P8U2LSV

Logitec の LDV-P8U2LSV です。
USB接続の外付けで、読み取り専用のDVDドライブです。
完全に割り切ってます。
このドライブを使ってブートできたし、Windows 7 のインストールも正常に完了しました。

ファームウェアのアップデータは、Windows 7で起動して実施します。
下記のページからアップデータをダウンロードします。

Performance Upgrades; FireWire USB SATA Storage; Memory, more at OWC

ダウンロードしたファイルを解凍し、ssdupdate.exe を実行します。
このとき、右クリックの「管理者として実行」にて実行します。

ssdupdate

「Firmware Package File」は、解凍したフォルダ内の「MP4-360.pkg」を選択します。
「Drive List」は、換装したSSDにチェックを入れます。
SSDがリストに表示されていない時は「Refresh Drive List」をクリックしてみてください。
それでも表示されない時は、ssdupdate.exe を管理者権限で起動し直してみてください。

入力が終わったら「Download Firmware to Selected Drive」をクリックします。
アップデートが開始されるので指示通りに実施すれば完了です。

個人的にはBootCampでWindows起動はあってもいいのでインストールしましたが、使わない人にとってはアップデートするためにWindows入れるのは面倒ですね。。。
今後を考えるとMac版のアップデータを先に出すようにしてほしいもんです。

今回購入したもの

関連記事:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...