Apache axisを使ってWebサービスへアクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサービスで、WSDLが公開されていれば、SOAPにてアクセス可能らしい。
と言っても、WSDLからアクセス用のAPIを作成するのは面倒。
ってことで、Apache axis を利用すれば、WSDLから簡単にAPIが作成出来る。

  1. Apache axisから最新版を取得してきて解凍する。
  2. 解凍した中のLIBフォルダ配下にあるJarファイル全てをクラスパスに指定する。
  3. Javaが実行できる環境があれば、org.apache.axis.wsdl.WSDL2Java を実行するだけ。
    WSDL2Java の詳細はこちらを参照してください。

作成されたクラスを利用してWebサービスへアクセスする方法は、下記の通り。

  1. org.apache.axis.client.Service を継承したXxxxLocatorクラスをインスタンス化する。
    このクラスは、javax.xml.rpc.Service を継承した Xxxx インタフェースを持つ。
    (Xxxxは、WSDLのタグの name 属性部分が入る。)
  2. XxxxLocatorのメソッドから java.rmi.Remoteを継承したXxxxSoapクラスを取得する。
  3. XxxxSoapクラスが持っているメソッドを使ってWebサービスへ要求を投げる。

関連記事:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...